国際協力研究会 設立の経緯 - 【がんばれ七ヶ浜 震災復興支援プロジェクト】国際協力研究会 > 団体概要 > 団体紹介

宮城県宮城郡七ヶ浜町を応援するサイト。東日本大震災からの復興支援活動を行っています。

記事一覧

ホーム > 団体概要 > 団体紹介 > 国際協力研究会 設立の経緯

国際協力研究会 設立の経緯

古川勝利が2002年4月に立命館アジア太平洋大学(APU,大分県)に43歳の年齢で編入。

その年に日本で開催されたサッカーワールドカップに合わせて同大学が企画した「国際ボランティアウィーク」で日本の国際協力の実績を紹介する機会に、二人のメンバー(田本真子、吉良大佑)とサークルとして設立する。

【がんばれ七ヶ浜 震災復興支援プロジェクト】国際協力研究会 9-1.jpg


◆活動目標:

 日本の国際協力の研究、ODAの実績紹介、国際学生との交流

タグ:APU 活動報告

トラックバック一覧

コメント一覧