【がんばれ七ヶ浜 震災復興支援プロジェクト】国際協力研究会

宮城県宮城郡七ヶ浜町を応援するサイト。東日本大震災からの復興支援活動を行っています。

インデックス

【がんばれ七ヶ浜 震災復興支援プロジェクト】国際協力研究会

【がんばれ七ヶ浜プロジェクト】国際協力研究会

宮城県宮城郡七ヶ浜町を応援するサイト。東日本大震災からの復興支援活動を行っています。


お互いの言葉は通じなかったけど、笑顔で会話ができて楽しかった
お互いの言葉は通じなかったけど、笑顔で会話ができて楽しかった(2013年/作:古川愛子) ⇒詳細


子どもが見たフィリピン
子どもが見たフィリピン(2012年/作:古川愛子) ⇒詳細


◆お知らせ(2014.09.16)◆

2011 年の東日本大震災、2012 年の比国大地震、2013 年の比国台風、等の天災を経て、今日、両国の被災地交流が発展しています。その活動応援の為に、ドライマンゴのフェアトレードを活動させて頂いております。ご協力、宜しくお願いします。

フェアトレード・ドライマンゴー

お問い合わせ(メール)


◆お知らせ(2013.9.16)◆

東日本の高校生がフィリピン・ネグロス島にて被災地支援活動を行いました。その様子が朝日新聞(宮城版)にも掲載されました。

被災高校生 恩返しの旅(朝日新聞)


◆お知らせ(2013.09.12)◆

東日本の高校生がフィリピン・ネグロス島にて被災地支援活動を行いました。その様子が朝日新聞(英語版)にも掲載されました。

Quake victims in Japan and the Philippines bond and exchange

立命館アジア太平洋大学(APU)大橋克洋教授より、記事へのコメントをいただきました。

「英文記事、拝読しました。東ネグロスの人々がこれを読んで、さぞ欣喜することでしょう。今年度福岡文化賞の学術賞受賞者であるオーストラリアの歴史家Tessa Morris-Suzuki氏は『小さな歴史に注目することがわたしの主題』と述べました。朝日新聞の記事が伝えているのはまさに『小さな、しかし感動の歴史』です」。


◆お知らせ(2013.09.04)◆

東日本の高校生がフィリピン・ネグロス島にて被災地支援活動を行いました。その様子が朝日新聞(福岡版/東京版)に掲載されました。

被災高校生 恩返しの旅(朝日新聞)


◆お知らせ(2013.03.20)◆

東ネグロスで36年前にお世話になった日本人交換留学生が気仙沼で津波に遭遇。米国ABCニュースの報道です。

Japan tsunami survivor recounts near escape(abc7.com)


◆お知らせ(2012.06.10)◆

フィリピン・ネグロス島に建設した仮設の小学校舎の様子が、西日本新聞に掲載されました。

地震被害のフィリピンに仮設の小学校舎建設(西日本新聞)


◆お知らせ(2012.05.02)◆

フィリピン・ネグロス島と気仙沼市の高校生による被災者同士の交流が、河北新報,三陸新報に掲載されました。

震災が結ぶ交流 比から感謝の手紙100通(河北新報)

互いに励まし合う 比国から感謝の手紙(三陸新報)


◆お知らせ(2012.01.15)◆

このたび、マスコバド(パンプロナ)黒糖が、ヨーロッパ公的認証機関IMC、並びにフィリピン政府より「有機栽培サトウキビ製品」としての認定を受けました。

引き続き、マスコバド糖プロジェクトへのご支援をよろしくお願いします。

黒糖が有機認定されました


▼初めての方へ(サイト案内)

国際協力研究会とは
国際協力研究会 設立の経緯
国際協力研究会 代表経歴


▼進行中のプロジェクト

畳支援/マスコバド糖プロジェクト
復興支援Tシャツプロジェクト
英語プロジェクト


◆連絡先

 国際協力研究会(代表:古川勝利)
 福岡県糟屋郡粕屋町長者原498-7-103
 Tel/Fax: 092-931-7222
 お問い合わせ(メール)


【更新履歴】

▼活動報告 ⇒記事一覧

↑ページトップへ