【がんばれ七ヶ浜 震災復興支援プロジェクト】国際協力研究会 > ボランティア

宮城県宮城郡七ヶ浜町を応援するサイト。東日本大震災からの復興支援活動を行っています。

記事一覧

ホーム > ボランティア

東北震災地 ボランティア報告(2011年7月)

東北震災地 ボランティア報告(2011年7月)

7月に行ったボランティアの活動報告です。


1.期間:平成23年7月27日-31日

2.活動先:宮城県七ヶ浜町(七ヶ浜ボランティアセンター)

3.活動地域:菖蒲田浜等


詳細は報告書をご覧ください。

東北震災地 ボランティア報告書(2011年7月)

ボランティアに初参加して(トムさんの感想)

ボランティアに初参加して(トムさんの感想)

※横浜のトムさん〈左端〉


先日はお世話になりました。色々な意味でいいキッカケや経験になりました。

日曜日は一番人手が必要とされていた現場に行きました。最初は土曜日と同じ現場にすでに登録されていて、行かされそうになっていたのですが、志願で変更してもらいました。現場は家屋の解体及び泥出しでしたが、現場はやはりうまく機能していませんでした。古川さんのレポートにあったように効率的かつ機能的なシステムがうまく出来上がっていないようです。

1.まず現場に入る前に確認する現場のレポートの内容があいまい、かつ不明瞭。レポートが不明瞭であったため、2度手間、3度手間になりました。

2.現場をしきるリーダーの能力。残念ながら今回の現場もリーダーが仕切りはするのですが、効率的ではなく、うまくいきませんでした。

3.サブリーダーの必要性。今回の現場では専門職(どかた系)の人が何人かいて、(リーダーがしっかりしていなかったため)サポートしていました。専門的な見地を持った人が絶対に必要で、専門的な知識がないと進まない場面がいくつかありました。

4.フィードバックの必要性。今回いろいろ問題点がありましたが、本部はもっと積極的にアンケートをボランティアの人にとって(義務のような形で)、問題点が上に上がるような仕組みを作ったほうがいいと思いました。

日曜日の現場は団体ではなく、一般のボランティアの人だけで構成されていましたが、みなさんボランティアを3 月から続けている人ばかりでした。いろいろな現場でいろいろな出会いがあったり、また被災者の人たちの感謝に触れることで楽しいから続けているとさかんに言っていました。

しかし一方で七ヶ浜以外の多くの現場を経験してきて、どこもうまく効率的に機能していないとも言っていました。みなさんボランティアで来ているだけあって、無駄に時間を過ごしたくないようで、できるだけ効率的に作業したいようでした。

今回は短い間でしたが、今度は時間を作って参加したいと思いました。

東北震災地 ボランティア報告(2011年6月)

東北震災地 ボランティア報告(2011年6月)

◆東北、ガンバレとボランティアは結集する


1.期間:平成23年6月1日-5日

2.活動先:宮城県七ヶ浜町(七ヶ浜ボランティアセンター)

3.活動地域:生涯学習センター(ボランティアセンター)、国際村(避難所)


詳細は報告書をご覧ください。

東北震災地 ボランティア報告書(2011年6月)

ページ移動